SKE48 OFFICIAL WEB SITE

運営事務局 - SKE48運営事務局ブログ

2015.06.29 22:25

矢方美紀 生誕祭

本日の制服の芽18:30公演におきまして、矢方美紀生誕祭を開催させて頂きました。



本日はこんなに素敵な生誕祭を今年も開いてくださって本当にありがとうございます。
今年は誕生日当日ということで、毎年嬉しいんですけど、余計に嬉しいなと思っています。

2014年から2015年の間は凄く自分にとって責任を感じる1年だなと思いました。SKEのチームSで今まで、SKE全体を支えてくれていた先輩が沢山卒業してしまって、その周りを支えていたメンバーも自分の将来の夢に向かって進んでいって、次は自分がSKEメンバーの支えになって行かなければならないメンバーなんだと感じて、最初副キャプテンというのを与えられた時は、凄く嬉しくて、年齢的にも自分の期の立場を考えた時に、それが求められていたこと、任せられてた事をちゃんと受け止めないといけないなと感じていたんですけど、実際に自分の性格を振り返った時に、やっぱり自分の殻にこもってしまう自分がいて。

メンバーの一人一人をもっと見なきゃいけないんだろうなという気持ちはあるんですが、実際に自分がそうなっていいるのかと感じた時に、過去にまとめてた先輩を振り返ったら、、まだ自分は全然出来ていないというのを凄く感じて。
ファンの方に副キャプテンどうですか?と言われた時に、正直にちゃんと言葉にすることが出来ていなくて、それが凄く悔しいなと感じています。
でも今こうやってSKE48にいて、チームSの副キャプテンとして過ごしてきて、自分に求められている事は、このチームをまとめて行かなければならないプラス、新しく入ってきた7期生、ドラフトの2期生を、今まで作り上げてきたSKEの先輩たちのように、もっとSKEの最初の輝きをみんなに知っていてほしいなというのを凄く感じていて、私は最初SKEに入った時に、本当に1期生、2期生の活動の輝きに凄く衝撃を受けたんです。その衝撃を後輩達に伝えて行けるのは、自分達、残された3期生がキーになるのではないかと凄く感じていて、そういった発信力を、この23歳では努めていかなければならないと感じています。

そして最近は自分の特技をもっと増やそうと楽器を始めてみたり、竹内舞ちゃんと一緒に非公認なんですけど、ユニットをマイティとしてイベントだったりをさせて頂いていて、少しずつですけど、自分の推しじゃない方にも聞いて頂いたり、見て頂いたりしていて、そこからSKEの事を沢山知って頂いて、こうやって劇場にも来て頂いてっていういい連鎖を出来るキッカケになれていけたらなと考えているので、もっとそちらの方も盛り上げたいなと思っています。

凄く感じているのは、私本当の事を話すのが凄く下手くそで、多分それは私を応援してくださっている方や見てくださっている方には伝わっているかなと思うんですけど、こうやって生誕祭を開いて頂いたり、毎回生誕の為に準備をしてくださり、ペンライトを綺麗に皆さんが揃えて振ってくださったり、皆さんが私に対しての想いを持ってくださっているからこそだと思っているので、本当に皆さんの心の中に、少しでも私の存在があるというのが嬉しいです。ありがとうございます。


最近の悩みが感情がちゃんと出てこないというのが悩みなんです。それは自分でもあまり分からないんですけど、仲の良いメンバーが卒業してしまって、自分を支えてくれる、隣にいてくれるメンバーがあんまりいないなと感じてしまう事もあったんですけど、今のチームSに来て、美紀さんって後輩が言ってくれたり、同期のメンバーが支えてくれたりして、そういう優しさとか、皆さんがいつも見てくださっているんだという優しさを改めて最近感じたので、その優しさを忘れないで、23歳なんですけど、大人になりつつ、子供のように無邪気にSKEを支えられる一人になりたいと思うので、皆さん是非これからもSKE48、そしてチームS、矢方美紀の応援を宜しくお願い致します。




有難うございました。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

前の月 JUL 2015 次の月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

BLOG