SKE48 OFFICIAL WEB SITE
第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<Blu-ray>
  • 直販
  • 第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<Blu-ray>

第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<Blu-ray>

2016.02.10 on sale

価格:¥6,648(本体価格)+税
品番:AKB-D2319

商品仕様:Blu-ray2枚組(トールケース)
Disc1:ライブ本編
Disc2:ライブ本編+特典映像

封入特典:
・ブックレット(20P)
・生写真3枚(ランダム封入)
・「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」の舞台裏から表までを密着した特別撮りおろし映像視聴用シリアルコード(初回プレス分のみ)



    年末恒例となったAKB48グループのお祭りコンサート!!今回で5回目となる「AKB48紅白対抗歌合戦」。48グループのメンバーたちが紅組と白組に分かれてパフォーマンスを競い合う年末恒例のお祭りコンサートの模様を余すことなく収録したDVD&Blu-rayがリリース!

    初回プレス分には「特別撮りおろし映像」無料配信のシリアルコード封入!
    「第5回 AKB48紅白対抗歌合戦」当日の、舞台裏から表までカメラが密着!!メンバーの素の表情が見れるかも!?

    <本編>
    トップバッターは小嶋陽菜の『わるにゃん』。キティちゃんとダニエル君も応援に駆けつけたが、セクシーな衣装でダニエル君を誘惑♡
    対抗するは柏木由紀の『Dear K』。鏡を使ったクールな演出に会場の空気がゆきりんワールドに!

    その後も、HKT48の最新シングル『しぇからしか!』をチーム8が、SKE48の最新ユニットシングル『コップの中の木漏れ日』をNMB48がパフォーマンス。
    いつもと違う雰囲気で観客を魅了し続けた。

    コンサート中盤では、もはや伝統芸とも言えるおなじみのダチョウ倶楽部も登場し、メンバーとの息の合った掛け合いを披露。

    コンサート後半では、感動とサプライズが続いた。
    まずは、『夢の河』。先日、卒業発表をした永尾まりやをセンターに、同期生たちが脇を固める。涙ぐみながらも懸命に歌う姿に、会場内は息を飲んだ。
    さらに、高城亜樹の突然の卒業宣言。発表後に披露した『桜の木になろう』では、フレンチキスとして活動を共にしてきた柏木由紀が、ひな壇で涙を流しながら高城亜樹を見守っていた。

    コンサートの最後には、指原莉乃を中心に、朝ドラ主題歌として人気の『365日の紙飛行機』を披露。曲中は、会場内を所狭しと無数の紙飛行機が舞い飛んでいた。

    さらに、新チームAの新公演タイトル「M.T.に捧ぐ」も発表となり、審査員として参加していた高橋みなみも驚きを見せた。
    もう一つのサプライズは、AKB48の43rdシングルの選抜発表。10周年記念シングルとなる今作は、卒業生の前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美の参加も決定し、会場に歓声があがった。

    ■注意事項
    ※デザイン・仕様の一部が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<DVD>
  • 直販
  • 第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<DVD>

第5回 AKB48紅白対抗歌合戦<DVD>

2016.02.10 on sale

価格:¥ 5,122 (税込)
品番:AKB-D2318

商品仕様:DVD2枚組(トールケース)
Disc1:ライブ本編
Disc2:ライブ本編+特典映像

封入特典:
・ブックレット(20P)
・生写真3枚(ランダム封入)
・「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」の舞台裏から表までを密着した特別撮りおろし映像視聴用シリアルコード(初回プレス分のみ)

    ジャケットイラストは、「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれたYUKO SHIMIZU氏による描き下ろし!

    年末恒例となったAKB48グループのお祭りコンサート!!今回で5回目となる「AKB48紅白対抗歌合戦」。48グループのメンバーたちが紅組と白組に分かれてパフォーマンスを競い合う年末恒例のお祭りコンサートの模様を余すことなく収録したDVD&Blu-rayがリリース!

    初回プレス分には「特別撮りおろし映像」無料配信のシリアルコード封入!
    「第5回 AKB48紅白対抗歌合戦」当日の、舞台裏から表までカメラが密着!!メンバーの素の表情が見れるかも!?

    <本編>
    トップバッターは小嶋陽菜の『わるにゃん』。キティちゃんとダニエル君も応援に駆けつけたが、セクシーな衣装でダニエル君を誘惑♡
    対抗するは柏木由紀の『Dear K』。鏡を使ったクールな演出に会場の空気がゆきりんワールドに!

    その後も、HKT48の最新シングル『しぇからしか!』をチーム8が、SKE48の最新ユニットシングル『コップの中の木漏れ日』をNMB48がパフォーマンス。
    いつもと違う雰囲気で観客を魅了し続けた。

    コンサート中盤では、もはや伝統芸とも言えるおなじみのダチョウ倶楽部も登場し、メンバーとの息の合った掛け合いを披露。

    コンサート後半では、感動とサプライズが続いた。
    まずは、『夢の河』。先日、卒業発表をした永尾まりやをセンターに、同期生たちが脇を固める。涙ぐみながらも懸命に歌う姿に、会場内は息を飲んだ。
    さらに、高城亜樹の突然の卒業宣言。発表後に披露した『桜の木になろう』では、フレンチキスとして活動を共にしてきた柏木由紀が、ひな壇で涙を流しながら高城亜樹を見守っていた。

    コンサートの最後には、指原莉乃を中心に、朝ドラ主題歌として人気の『365日の紙飛行機』を披露。曲中は、会場内を所狭しと無数の紙飛行機が舞い飛んでいた。

    さらに、新チームAの新公演タイトル「M.T.に捧ぐ」も発表となり、審査員として参加していた高橋みなみも驚きを見せた。
    もう一つのサプライズは、AKB48の43rdシングルの選抜発表。10周年記念シングルとなる今作は、卒業生の前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美の参加も決定し、会場に歓声があがった。




    ■注意事項
    ※デザイン・仕様の一部が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。