SKE48 OFFICIAL WEB SITE
秋元康

秋元   康(あきもとやすし) 

1958年東京生まれ。高校時代から放送作家として頭角を現し、『ザ・ベストテン』など数々の番組構成を手がける。83年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、AKB48『恋するフォーチュンクッキー』や『365日の紙飛行機』など数多くのヒット曲を生む。08年日本作詩大賞、12年日本レコード大賞“作詩賞”、13年アニー賞:長編アニメ部門“音楽賞”を受賞。
TV番組の企画構成、映画の企画・原作(『着信アリ』シリーズほか)、CMやゲームの企画、マンガの原作、新聞・雑誌の連載など、多岐にわたり活躍中。
著書に、小説『象の背中』、『趣味力』ほか多数。
映画『着信アリ』はハリウッドリメイクされ、2008年1月『One Missed Call』としてアメリカで公開。2012年には『象の背中』が韓国JTBCでテレビドラマ化されている。
国民的アイドル「AKB48グループ」と「坂道シリーズ」の総合プロデューサーも務めるほか、最近では、デジタル声優アイドルプロジェクト『22/7』総合プロデューサー、8月スタートのテレビ朝日『ラストアイドル』の企画・原案も担当している。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。